台湾TSMC、Appleの「A10X」チップを来年第1四半期、「A11」チップを第2四半期より製造開始へ

先日、台湾TSMCは2017年4月下旬からAppleの次期「A」プロセッサである「A11」プロセッサの生産を開始する予定のようだとお伝えしましたが、DigiTimesも同様のことを報じています。

a10chip

DigiTimesによると、TSMCは2017年第1四半期(1〜3月)に次期「iPad」シリーズ用の「A10X」プロセッサの製造を開始する予定で、同プロセッサは10nmプロセスを採用し、歩留まりの問題からスケジュールに影響が出る可能性があるそうです。

また、次期「iPhone」用の「A11」プロセッサの量産を2017年第2四半期(4〜6月)に開始する予定とのこと。

ほぼ先日の情報通りで、〜nmプロセスとは回路の配線の幅のことを指しており、プロセスルールを小さくすることで、同じ面積の半導体により多くのトランジスターを作れ、より複雑な機能を実現したり、トランジスターの動作速度を向上させたりする事が可能になります。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。