Apple、2021年に発売する「MacBook」で「iPad」向け「A14X」プロセッサの改良版を採用か

先日、BloombergがAppleは独自開発のプロセッサを搭載したMacを来年までに発売する予定だと報じて話題になりましたが、プロセッサ関係に詳しいメディアのfudzillaが、独自の情報網から、「MacBook」の2021年モデルには「iPad」向けの「A14X」プロセッサの改良版が採用されることを確認したと報じています。

また、Appleは独自開発のチップを「Mac」で使用するプロジェクトを何年も前から取り組んでおり、Intelも把握済みだそうです。

それ以上の詳細は報じていないものの、先日のBloombergの情報では、「A14」プロセッサをベースとした独自のMac向けプロセッサを3つ開発しており、そのうちの1つはiPhoneやiPad向けのプロセッサよりも遙かに高速になるとのことでした。

また、最初にMacに採用されるプロセッサは12コアで、「Firestorm」というコードネームの8つのパフォーマンスに重視したコアと「Icestorm」と呼ばれる4つのエネルギー効率に重視したコアが搭載され、将来的にはより多いコア数のプロセッサも検討していると言われています。

iPhone SE (第2世代)の購入・予約はこちら

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。