AppleとGoogleが協力して開発する新型コロナ感染追跡技術は日本でも展開へ

本日、AppleとGoogleが新型コロナウイルス対策で濃厚接触の可能性を検出する技術で協力することを発表しましたが、Appleは同技術を日本でも展開する方針であることが分かりました。

これは共同通信社がApple Japanより確認したもので、Apple Japanは新型コロナウイルスの感染追跡技術について、日本でも展開する方針を明らかにしたとのこと。

なお、AppleとGoogleはBluetoothを活用して濃厚接触の可能性を検出するプラットフォームの実現を目指す方向で協力することを発表しています。

[via @iArigato

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。