「iPhone 13 mini」とされるCAD画像が登場 − 2眼カメラは斜めに配置

先日、「iPhone 13」と「iPhone 13 Pro」とされる3Dレンダリング画像が公開されましたが、今度は中国のWeiboに「iPhone 13 mini」のものとされるCAD画像が投稿されています。

「iPhone 12 mini」との違いは先日に公開された「iPhone 13」の3Dレンダリング画像のデザインと同じく、背面の2眼カメラの配置が斜めになっており、カメラのレンズも大きくなっています。

また、見難いものの、本体サイズは130.6×64.2×7.6㎜となっており、「iPhone 12 mini」(131.5×64.2×7.4㎜)より厚みが0.2㎜厚くなっていることが分かります。

「iPhone 13 Pro」の3Dレンダリング画像が公開される 「iPhone 13」とされる3Dレンダリング画像が登場 − リアカメラの配置が変わる模様

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。