「iPhone 13 Pro」の3Dレンダリング画像が公開される

昨日、「iPhone 13」とされる3Dレンダリング画像を紹介しましたが、今度は「iPhone 13 Pro」とされる3Dレンダリング画像が公開されました。

公開したのは91mobilesで、業界関係者より入手したものだそうで、「iPhone 12 Pro」との違いはディスプレイ上部のノッチが僅かに小さくなっており、「iPhone 13」と同じく受話スピーカーをエッジ寄りに移動させることでノッチの小型化を実現するデザインとなっています。

なお、それ以外のデザインは「iPhone 12 Pro」から大きな変化はなく、リアカメラも3眼カメラのままとなっていますが、カメラ部分の四角い出っ張りは「iPhone 12 Pro」よりも僅かに大きくなっているようで、より大きなカメラセンサーが採用される可能性があるとのこと。

また、本体サイズは146.7×71.5×7.6mmと「iPhone 12 Pro」よりも0.2㎜厚くなっており、この厚みの増加の理由は不明なものの、バッテリーユニットの大型化や噂されているLTPOディスプレイ搭載によるものの可能性があります。

「iPhone 13」とされる3Dレンダリング画像が登場 − リアカメラの配置が変わる模様

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。