「iPhone 13」とされる3Dレンダリング画像が登場 − リアカメラの配置が変わる模様

mysmartpriceが、業界関係者より入手したという「iPhone 13」の3Dレンダリング画像を公開しています。

これが本当に「iPhone 13」の図面から作成されたものかは確認出来ないものの、「iPhone 13」の本体デザインは「iPhone 12」から大きな変化はなく、本体サイズも146.7×71.5×7.6mmと「iPhone 12」から変わらない模様。

変更点としては、ノッチ部分の受話スピーカーがよりエッジ部分に近い位置に移動している他、ノッチ内のセンサーやカメラの配置が異なっており、これまでに明らかになっているフロントパネルモックアップと似た仕様となっています。

また、リアカメラは2眼カメラで変わりないものの、レンズの配置が現行の縦に2つ並ぶデザインから斜めに2つ並ぶデザインに変更されています。

「iPhone 13」とされるモックアップが早くも登場 − ノッチは横幅が小さくなる?? ノッチの小型化された「iPhone 13」シリーズ用のフロントガラスパネルが流出か

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。