Apple、新型コロナ対策で日本など世界各国のオフィスの従業員の在宅勤務を許可

先日、Appleが本社キャンパス「Apple Park」の従業員に対し在宅勤務を要請したことを紹介しましたが、Bloombergによると、Appleのティム・クックCEOが、世界各国のオフィスの従業員に対し在宅勤務を許可したことが分かりました。

これは同氏の従業員宛てのメモから明らかになったもので、同氏は従業員に対し、3月9~13日の1週間は「業務が許す限り、どうか遠慮なくリモート勤務をしてほしい」と述べています。

この方針は感染の密度が最も高い地域に影響を与えるとのことで、米国のカリフォルニアとシアトル、韓国、日本、イタリア、ドイツ、フランス、スイス、英国のオフィスが対象となります。

また他にも、時間給の従業員に対して通常通りの賃金を支払うことや、オフィスや実店舗での対人距離を最大化し、消毒を徹底することも明らかにしています。

Apple、本社キャンパス「Apple Park」の従業員12,000人に対し在宅勤務を要請 − 新型コロナの影響

1 COMMENT

匿名

アメリカはこのタイミングでいいんだが、日本の従業員はたまったもんじゃねぇな
2〜3週間遅いだろ判断

現在コメントは受け付けておりません。