AppleによるIntelのスマホ向けモデムチップ事業買収、来週にも合意か

本日、WSJが、関係筋の話として。Appleは、Intelのスマートフォン向けモデムチップ事業を買収する方向で協議を進めており、交渉は進んだ段階にあると報じています。

買収の対象は、関連の特許やスタッフも含まれており、買収額は10億ドル(約1,100億円)以上になる可能性があり、上手くいけば来週にも合意に達する可能性があるとのこと。

本件に関しては今春より協議を開始したと報じられており、本当に合意に達した場合、Appleは4Gおよび5G用モデムチップを自社生産し、将来の「iPhone」や「iPad」に採用するものと予想されます。

Apple、Intelのモデムチップ事業の買収に向け協議していたことが明らかに

1 COMMENT

匿名

Intelの4G技術は使い物になるけど、5Gは歯が立たないから渋々Qualcommと和解したのでは?
それにノウハウのないAppleごときが本腰上げてもQualcommの品質には到達出来ないと思うが

現在コメントは受け付けておりません。