Apple、Intelのモデムチップ事業の買収に向け協議していたことが明らかに

先日、Intelがスマホ向け5Gモデムチップ事業からの撤退を発表しましたが、WSJによると、AppleがIntelのスマホ向けモデム事業の一部買収について協議していたことが分かりました。

これは事情に詳しい複数の関係者が明らかにしたもので、協議は昨夏の終わり頃から始まり、最近になって中止されたものの、Appleにとっては自社端末のワイヤレス技術の開発加速につながり、買収規模は数十億ドルとなる可能性あったそうです。

なお、協議の打ち切りの前後としてAppleはQualcommと全ての訴訟を取り下げることで和解し、モデムチップの供給契約も結ぶ結果となりました。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。