Intelのスマホ向け5Gモデム事業からの撤退、AppleとQualcommの和解が理由だったことが明らかに

先日、AppleとQualcommが全ての訴訟を取り下げることで和解し、Intelがスマホ向け5Gモデムチップ事業から撤退することを発表しましたが、本日、Intelの撤退はAppleとQualcommの和解が理由だったことが分かりました。

これはIntelのボブ・スワン最高経営責任者(CEO)がウォールストリートジャーナルの取材に対して明らかにしたもので、同氏は同社がスマホ向け5Gモデムチップ事業から撤退したのは、競合するQualcommのとその顧客のAppleとの和解が直接的な理由だと述べたそうです。

なお、Intelは今年発売予定の次期iPhone向けに4Gモデムチップを引き続き供給するものとみられています。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。