Appleの謎のワイヤレスデバイス「A1844」の正体が明らかに ー 写真やマニュアルなどが公開される

去年9月、「A1844」という型番のAppleの未発表製品の資料がFCC(米連邦通信委員会)で公開され話題になったものの、BluetoothとNFCを搭載していること以外の詳細は不明でしたが、FCCで公開されている資料が更新され、「A1844」のユーザーマニュアルや多数の写真が公開されました。


公開された資料から、このデバイスはドアの内部に取り付けられるバッジ読取り装置である事が判明し、音と光でロック解除を知らせる機能が搭載されています。



Appleは連番の型番である「A1845」と「A1846」といったモデルもFCCに申請していますが、これらのモデルも上記デバイスの派生モデルと予想出来ます。

このデバイスはApple Storeなどで利用されるのではないかとみられてきましたが、タイミング的に新本社キャンパスの「Apple Park」で利用する為のデバイスなのかもしれません。

 ・FCC


[via Business Insider

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事