Metaの新型スマートグラスがFCC認証を取得か ー 9月27日開催の「Meta Connect」で発表??

この記事にはアフィリエイト広告および広告が含まれています。
Metaの新型スマートグラスがFCC認証を取得か ー 9月27日開催の「Meta Connect」で発表??
画像は初代Ray-Ban Stories

The Vergeによると、Metaの新型スマートグラスとみられるデバイスがFCC(米連邦通信委員会)の認証を取得したことが分かりました。

Metaは2021年にRay-Banとのコラボでスマートグラス「Ray-Ban Stories」を発売しており、その第2世代モデルが今秋に投入されると噂されていました。

FCCへの申請は、初代「Ray-Ban Stories」と同じくRay-Banの親会社であるLuxottica社が行っており、製品名は「スマートグラス」で、FCC IDも初代モデルの「2AYOA-4002」に対し「2AYOA-4003」と下1桁が違うのみとなっていることから、これが新型「Ray-Ban Stories」ではないかとみられています。

初代「Ray-Ban Stories」は、フレームの両サイドに500万画素のカメラが内蔵され、写真や動画を撮影したり、音楽を楽しんだり、スマホと連携させて通話したりすることが可能でしたが、新型「Ray-Ban Stories」では、FacebookやInstagramに動画をライブ配信し、配信を視聴しているユーザーのコメントを読み上げてくれるようになると言われています。

また、バッテリー駆動時間の改善やより良いカメラが搭載され、今秋もしくは来春に発売あれる予定。

Metaは9月27日(米国時間)に「Meta Connect」を開催し、同イベントでは「Meta Quest 3」の詳細が発表される予定ですが、もしかしたら新型「Ray-Ban Stories」に関する情報も発表されるかもしれません。



googlenewsバナー
記事をシェア!
  • URLをコピーしました!
目次