Apple、「iPhone 15 Pro」と「iPhone 15 Pro Max」を発表 ー A17 Proチップ・USB-C・チタン製筐体などが特徴に

この記事にはアフィリエイト広告および広告が含まれています。
Apple、「iPhone 15 Pro」と「iPhone 15 Pro Max」を発表 ー A17 Proチップ・USB-C・チタン製筐体などが特徴に

本日、Appleが、「iPhone 15 Pro」と「iPhone 15 Pro Max」を発表しました。

ディスプレイサイズは「iPhone 15 Pro」が6.1インチ、「iPhone 15 Pro Max」が6.7インチで、本体にグレード5のチタニウム製筐体を採用し、最も軽いProモデルとなり、「iPhone 15/15 Plus」と同じくエッジ部分が少し丸みを帯びたデザインが採用され、ディスプレ周りのベゼルもより狭くなっています。

Apple、「iPhone 15 Pro」と「iPhone 15 Pro Max」を発表 ー A17 Proチップ・USB-C・チタン製筐体などが特徴に

本体左側面には、ミュートスイッチの代わりに新しいアクションボタンが搭載され、ショートカットなど様々な機能を割り当て可能に。

Apple、「iPhone 15 Pro」と「iPhone 15 Pro Max」を発表 ー A17 Proチップ・USB-C・チタン製筐体などが特徴に

チップには3nmプロセスを採用したA17 Proチップを搭載し、トランジスタ数は190億になり、2つの高性能コアは最大10%高速、4つの高効率コアは競合製品の3倍のワットあたりのパフォーマンス、Neural Engineは最大2倍高速になっています。

また、GPUはプロクラスの6コアGPUで、ピーク時のパフォーマンスが最大20%高速化されており、ハードウェアアクセラレーションのレイトレーシングが可能に。

Apple、「iPhone 15 Pro」と「iPhone 15 Pro Max」を発表 ー A17 Proチップ・USB-C・チタン製筐体などが特徴に

本体下部のポートはLightningからUSB-Cに変更され、USB-CポートはUSB 3に対応し、10Gbps転送をサポートしています。

リアカメラはさらに進化した4800万画素のメインカメラを搭載し、24mm、28mm、35mmの焦点距離で高解像度写真を撮影可能に。

焦点距離77mmの3倍望遠カメラも搭載され、「iPhone 15 Pro Max」はテトラプリズムデザインを採用した焦点距離120mmの5倍望遠カメラを搭載しています。

また、年末までには空間ビデオを撮影可能になります。

カラーラインナップはブラック、ホワイト、ブルー、ナチュラルの4色展開で、価格は「iPhone 15 Pro」が999ドル 「iPhone 15 Pro Max」が1199ドルからになり、ストレージ容量は「iPhone 15 Pro」は128GBから、「iPhone 15 Pro Max」は256GBからになります。

9月15日より予約受付が開始され、9月22日に発売されます。

iPhone – Apple



googlenewsバナー
記事をシェア!
  • URLをコピーしました!
目次