M1チップ搭載MacでWindowsを動作させるプロジェクトが始動

開発者のArminder Singh氏が、AppleのM1チップ上で「Windows」を動作させることを目的としたプロジェクト「M1 Windows project」を開始しました。

プロジェクトはまだ非常に初期の段階で、実際にいつ頃に実現するのかはまだ不明ですが、M1チップ上で「Windows」を動作させることに取り組み、将来的には他のAppleシリコンでも動作するようになることを目指しているそうです。

実現時期が未定なのは、AppleのチップはQualcommやMediaTekなどの企業のスタンダードなARM64チップとはアーキテクチャが非常に異なっており、結果として多くのハードウェアの最適化などを行う必要があるなど、安定して「Windows」が起動出来るようにするために必要なことが沢山あり、全てがきちんと動作するようにするためには時間が必要な為とのこと。

ただ、M1チップなどのAppleシリコンを搭載したMacで動作するLinuxの開発プロジェクト「Asahi Linux」により既に多くの作業が行われていることが「M1 Windows project」でも役に立つそうです。

同氏は、このプロジェクトは成功を保証するものではないことも注意点として挙げていますが、完成まで全力を尽くし、頑張るつもりだと述べています。

先日には、Microsoftが「Windows 10 on ARM64」のライセンスについて、今夏以降に詳細な情報を公開する予定との情報もありましたが、どちらにしても「Windows」を使うことがある筆者としては気になるところです。

Welcome to the M1 Windows project

[via Deskmoddern

Appleシリコン搭載MacでもBootCamp可能に?? − Microsoftが今夏以降にARM版「Windows」のライセンスに関する何らかの発表を行う模様

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。