Apple・Google・Microsoft、FIDO標準のサポート拡大を表明 − パスワードレス認証の普及を促進へ

(via arise.tv

本日、AppleとGoogleとMicrosoftの3社が、FIDOアライアンスとWorld Wide Web Consortiumが策定した共通のパスワードレス認証のサポートを拡大する計画を発表しました。

FIDO(Fast IDentity Online)は、パスワードなしで安全にユーザーを認証するための技術で、Apple、Google、Microsoftの各プラットフォームは、すでにFIDOアライアンスの技術標準をサポートし、業界をリードする数十億台のデバイスでパスワードレス認証を可能にしていますが、これまでの実装ではユーザーがパスワードレス認証をする前に各ウェブサイトやアプリにデバイスごとにサインイン(登録)する必要があり、今後はよりシームレスで安全なパスワードレス認証のため、これらのプラットフォームの実装を拡張して下記の2つの新機能をユーザーに提供するとのこと。

  1. すべてのデバイスですべてのアカウントにFIDO認証を再登録することなく、そのユーザーが所有する他のデバイスや新しいデバイスでFIDO認証資格情報(一部では「パスキー」とも呼ばれる)を自動的にアクセスできるようにすることで、シームレスにパスワードレス認証を使える。
  2. そのとき使っている(PCなどの)OSプラットフォームやブラウザに関係なく、近くにあるモバイルデバイスでFIDO認証を使うことで、(PCなどの)デバイスのアプリやウェブサイトにサインインできるようにすること。

なお、これらの新機能は、Apple、Google、Microsoftの各プラットフォームでこれから来年にかけて利用可能になる予定です。

ニュースリリース – Apple
ニュースリリース – FIDO Alliance

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。