「iPhone 14 Pro」のパンチホールの穴の大きさはリーク画像通りになる模様

昨日、「iPhone 14 Pro」シリーズのパンチホールディスプレイの穴が予想していたよりも大きくなるかもしれないとお伝えしましたが、「iPhone 14 Pro」シリーズが2つ穴のパンチホールディスプレイを搭載すると最初にリークした人物であるShrimpApplePro氏が今回のパンチホールの穴の大きさに報道に関する新たな情報を報告しています。

同氏はパンチホールディスプレイの穴が予想していたよりも大きくなるかもしれないとの報道を受けて、独自の情報筋に連絡したところ、穴の大きさは昨日の情報通りであることを確認したとのこと。

なお、今回リークされた画像(上記画像)は6.1インチの「iPhone 14 Pro」のもので、6.7インチの「iPhone 14 Pro Max」ではディスプレイも大型になることから穴も小さく感じられるようになる模様。

2023年発売の「iPhone 15」では全てのモデルでノッチ廃止か − パンチホールディスプレイを採用へ 「iPhone 14 Pro」のパンチホールの穴は予想よりも大きくなる?? 「iPhone 14」シリーズの前面デザインの最新情報 − 「iPhone 14 Pro」はパンチホール型でFace IDの一部が画面内蔵に??

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。