「iOS 14.3 beta」から紛失防止タグ「AirTags」に関する新たなヒントが見つかる

本日、「iOS 14.3 beta」が開発者向けにリリースされましたが、9To5Macによると、その「iOS 14.3 beta」のシステムファイルから紛失防止タグ「AirTags」に関する新たなヒントが見つかったことが分かりました。

「iOS 14.3 beta」には「AirTags」のセットアッププロセスをユーザーに説明するための新しいガイドビデオや画像が含まれているそうです。

また、「探す」アプリにはコードネーム「Hawkeye」と付けられた新しい隠しセクションが用意されており、サードパーティの紛失防止アクセサリに対応するとの記述が見つかっているとのこと。

「探す」アプリには、紛失防止タグの設定方法や取り付け方法、追跡方法などの案内が用意されている他、Bluetoothを利用してオフラインでも追跡出来ることも確認されたそうです。

さらに、「AirTags」はApple IDと紐付け可能で、紛失した際に他人が拾っても別のApple IDでは動作せず、他人の「AirTags」を拾った場合にスキャンするだけでその持ち主がわかる仕組みも提供されるようです。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。