Apple、「WWDC20」でMacの自社設計チップへの移行を発表か

本日、Bloombergが、事情に詳しい複数の関係者の話として、Appleは「Mac」でIntel製プロセッサに代わり独自開発のARMベースのプロセッサを搭載することを計画しており、この切り替えを今月開催する「WWDC20」で発表する準備を進めているようだと報じています。

その移行プロジェクトは「カラマタ」というコードネームで呼ばれており、自社製チップを搭載した新型「Mac」が2021年に発売される前に外部の開発者に対応する時間を与える方針とのこと。

ただ、チップの移行はまだ数カ月先であるため、発表のタイミングは変わる可能性があるそうです。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。