Apple、iPhone/iPad向けアプリの「iOS 13 SDK」への対応期限を6月30日までに延長

今月初め、Appleは開発者に対し、現地時間2020年4月30日以降にApp Storeに提出する全てのiPhoneおよびiPad向けアプリは、「iOS 13 SDK」以降でのビルドが必須条件になることを案内していましたが、本日、この期限を2020年6月30日まで延期することを発表しました。

App Storeで既存のアプリをアップデートするために追加の時間を必要とする可能性がある開発者に対応する為と記載されていますが、新型コロナウィルスの影響を考慮したものと予想されます。

他にも、App Storeに提出する全てのiPhoneおよびiPad向けアプリはXcodeの「ストーリーボード(Storyboard)」を使用してアプリの起動画面を提供し、全てのiPhoneおよびiPadのディスプレイをサポートする必要があることや、「watchOS 6 SDK」以降での開発が必須条件になることも期限が6月30日まで延長されています。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。