人気RSSリーダー「Reeder 4」、iOS版で自動/バックグランド同期が復活(更新:Mac版でも復活)

人気RSSリーダー「Reeder 4」のiOS版とMac版は、問題発生の為、昨年12月より自動同期機能が無効化されていましたが、本日、iOS版がアップデートされ自動同期機能が復活しました。

「Reeder 4」では、「Feedly」のリソースを使用し過ぎていたことにより、自動同期機能が無効化されていましたが、本日リリースされたバージョン4.2.3では、自動及びバックグランド同期機能が再度利用可能になっています。

ただ、Mac版はアップデートされておらず、まだ自動同期機能は無効化されたままとなっています。

【UPDATE】
その後、Mac版でも同様に自動同期機能が復活しました。

Reeder 4

Reeder 4

Silvio Rizzi¥610

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。