Apple、2020年に6種類の新型「iPhone」を発売か − 4モデルは有機EL、2モデルは液晶を採用

本日、DigiTimesが、サプライチェーンからの情報として、Appleは2020年に最大で6種類の「iPhone」を発売すると報じています。

そのうちの2つのモデルは、有機ELディスプレイではなく通常の液晶ディスプレイが引き続き採用され、残りの4モデルは有機ELディスプレイが採用される模様。

6モデルの詳細や、この情報がどこまで正しいのかは不明ですが、これまでの情報では「iPhone 12」シリーズは全て有機ELディスプレイを搭載し、5.4インチ、6.1インチ、6.1インチ、6.7インチの4モデル構成になると噂されており、上述した液晶ディスプレイを採用したモデルは、今春の発売が噂されている「iPhone SE」の後継モデルのことを指しているものと考えられます。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。