「iPhone 5s」や「iPhone 6」などの旧モデルは「iOS 12」にアップデートするとバッテリー駆動時間が減少するかも

iOS搭載デバイスの様々な比較テストを行っているiAppleBytesが、「iPhone 5s」 「iPhone 6」 「iPhone 6s」 「iPhone 7」の旧iPhoneを「iOS 11.4.1」から「iOS 12 GM」にアップデートすると、バッテリー駆動時間がどう変化するかをテストした映像を公開しました。

テストはGeekBenchのバッテリーテスト機能を利用して行われ、各モデルとも「iOS 11.4.1」でテストを行ってから「iOS 12 GM」にアップデートし、再度テストを行う形が取られています。

また、設定などは全て同じ条件にし、室温は23度となっています。
(iPhone 6sはTSMC製チップ搭載モデル)

結果は下記画像の通り、「iOS 12 GM」にアップデート後は全てのモデルでバッテリー駆動時間が短くなっており、一番減りが少ないのは「iPhone 6s」で12分減、一番減りが大きいのが「iPhone 6」で24分となっています。また、スコアも総じて減少するといった結果となっています。


(iPhone 6s/iOS 12のスコアがおかしいですが、正確には1620です)

なお、下記がそのテスト映像で、バッテリーの駆動時間については、個々の環境などにより大きく変動する為、あくまでご参考まで。

iPhone XS/XS Maxの予約・購入はこちら

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。