「Windows 10 Spring Creators Update (Redstone 4)」がRTMに到達

Windows Centralによると、「Windows 10」の次期大型アップデート「Redstone 4」(コードネーム)がRTM(Release To Manufacturing)に達したことが分かりました。

同サイトの情報筋によると、Microsoftの内部では先週金曜日に開発完了を意味するサインオフが行われたようで、ビルドナンバーは「build 17133」が正式版になるようです。

なお、「Redstone 4」の正式名は「Windows 10 Spring Creators Update」になると言われており、一般ユーザー向けには4月10日(日本時間4月11日)より順次提供が開始されるものと予想されます。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。