「Microsoft Edge for iPad」は早ければ来月にも提供開始か

Microsoftは昨年11月よりiOS向けにウェブブラウザ「Microsoft Edge」を提供しているものの、iPadへの最適化はまだ行われていないのですが、早ければ来月にもiPadに正式対応することが分かりました。

これは「Microsoft Edge」のプロダクトマネージャであるSean Lyndersay氏がTwitterで明らかにしたもので、iPadへの対応は既にMicrosoft内部でテストが行われており、来月早々にまずベータ版でサポートされるようです。

ベータテストがどの程度の期間行われるのかは不明ですが、早ければ来月中、遅くとも3月頃にはiPadにも正式対応となりそうです。

ただ、残念ながら同ブラウザは日本のApp Storeではまだ配信されていません。

Microsoft Edge – App Store (US)

[via Softpedia

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。