Microsoft、「Windows 10 Fall Creators Update」を配信開始

本日、Microsoftが、「Windows 10」向けの大型アップデート「Fall Creators Update」の配信を開始しました。

これまでの大型アップデートと同じく、全てのユーザーに一斉に配信が開始される訳ではなく、ユーザーの環境により数日から数ヶ月かけて順次配信が開始されます。

同アップデートでは、Windows MR(Mixed Rality/複合現実)のサポートや「Fluent Design」という新しいデザインのユーザーインターフェイスが一部に採用されいる他、「フォト」アプリや手書き入力機能「Windows Ink」、「Cortana」、「設定」アプリ、「Microsoft Edge」など、様々なアプリも改良が加えられています。

なお、Windows Updateでの配信を待たずに手動でインストールしたいユーザーは「Windows 10 更新アシスタント」を利用するか、ISOファイルを利用することでアップデート可能で、同アップデートの新機能などの詳細はこちらをご覧下さい。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。