Twitter、通知のクオリティフィルター機能を正式に提供開始

本日、Twitterが、通知機能の設定にクオリティフィルター機能を追加した事を発表しました。

new_twitter_logo
クオリティフィルター機能とは、オンにすることで、アカウントの言動や行動を含めたさまざまな要因を利用したフィルターがかかり、同じアカウントからの同じ内容のツイートや自動生成されたツイートの通知を受け取らなくなるなど、表示するツイートの質を調整できるものとなっています。

ただ、自分がフォローしているアカウントや返信ツイートを送っているアカウントからのコンテンツについてはフィルターはかからない仕様となっています。

また、これに伴い、通知に関する設定を通知タブからより簡単に管理出来るようにもなりました。

 ・Twitter Japan

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事