Digg、「Googleリーダー」代替サービス『Digg Reader』を一般公開

6月26日のベータ版公開以降、メールアドレスを登録しての招待制でのみサービスが提供されていたDiggの「Googleリーダー」代替サービス『Digg Reader』のウェブ版ですが、本日、『Digg Reader』が一般向けにも正式に公開されています。


『Digg Reader』はワンクリックで「Googleリーダー」のファイルとフォルダをインポートする事が可能となっており、現時点では「Googleリーダー」からの移行にフォーカスされ多くの機能が未搭載となっていますが、検索機能や高度なフィード編集機能などは今後のバージョンアップで追加される予定となっています。


なお、先日お伝えした通り、iOS向けアプリは既にリリース済みです。

Digg
価格:無料 (記事公開時)



[via The Verge

【関連エントリ】
 ・Digg、iOS向け公式アプリをアップデートし「Diggリーダー」機能を追加

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事