Apple、次期iPhoneや次期iPadシリーズへのIGZO液晶採用に向けシャープなどと協議中か?!

DigiTimesが、業界筋の話として、Appleは次期iPadシリーズや次期iPhoneでIGZO技術を採用する場合に備え、2013年にどの位のIGZO液晶が供給可能かどうかを評価しているようだと報じています。


AppleはIGZO液晶の2013年の推定生産能力についてシャープと更なる協議を行っており、他にもAU Optronicsに対し、同社のL5Cという生産ラインがIGZO液晶の生産に利用可能かどうかも問い合わせているようです。

また、Innolux Corporation(旧CMI)はシャープからIGZO技術を使用する許可を取得しており、同社がAppleのサプライチェーンに入る可能性もあるとのこと。

なお、IGZO液晶については、「iPad (第3世代)」ではシャープ製のIGZO液晶が採用されていたと報じられていますが、シャープは今年の秋口より採算が合わない事を理由にAppleへの供給をストップさせたと言われています。

【関連エントリ】
 ・シャープ、「iPad」向けIGZO液晶の供給を採算が合わない事を理由に取りやめていた?!
 ・「iPad」にはやはり第3世代からIGZO液晶が採用されていた模様
 ・「iPad (第3世代)」はわざと性能を落としたシャープ製IGZO液晶パネルを採用していた

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事