「iPad (第3世代)」はわざと性能を落としたシャープ製IGZO液晶パネルを採用していた

これまで今年3月に発売された「iPad (第3世代)」へのシャープ製IGZO液晶パネルの採用は開発が間に合わなかった事から見送られたと言われて来ましたが、日本経済新聞によると、「iPad (第3世代)」にもシャープのIGZO液晶パネルが採用されていたようです。


IGZO液晶パネルを初めて使ったのがAppleで「iPad (第3世代)」に採用されたものの、「iPad (第3世代)」にはIGZOの他にもSamsungやLG Displayが供給するアモルファス液晶の2種類が採用されており、Appleは性能の違いが消費者に分からないようにわざとIGZOの性能を落として供給しているそうです。

なお、現在もIGZOパネルを量産可能なのはシャープだけと言われている為、供給量などの問題から「iPad (第4世代)」でもシャープだけでなく他社製のパネルも採用されているものと予想され、同様の性能を抑える措置がとられている可能性が高そうです。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事