「iPad」にはやはり第3世代からIGZO液晶が採用されていた模様

以前に『「iPad (第3世代)」はわざと性能を落としたシャープ製IGZO液晶パネルを採用していた』と題し、「iPad (第3世代)」にはシャープのIGZO液晶パネルが採用されているようだとお伝えしましたが、本日、ダイヤモンド・オンラインが、シャープのIGZO液晶を生産する亀山第二工場の現状を報じており、その中でIGZO液晶は「iPad」にも採用されて、2012年3月に出荷をスタートさせたと伝えています。


ただ、11月下旬から亀山第二工場の生産ラインはほとんど動いておらず、その理由は最大顧客であるAppleからの受注が止まったことだそうで、「iPad」向けに第1、第2四半期とそれぞれ200万台以上あった受注が、秋口から激減し、10月に発売された「iPad mini」にも需要を食われ、韓国のLGディスプレイに調達先を大きく絞り込まれてしまったようです。

次期iPhoneに加え、次期iPad miniも高解像度化が噂されている事からIGZO液晶が採用されるものと予想され、それまでシャープは厳しい現状が続きそうですが、9.7インチの「iPad」には第3世代からIGZO液晶が既に採用されていた事は間違いないようです。

【関連エントリ】
 ・「iPhone 5S」はIGZOパネルを採用した「Retina+」ディスプレイを搭載し、128GBモデルも登場か?!
 ・「iPad (第3世代)」はわざと性能を落としたシャープ製IGZO液晶パネルを採用していた

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事