Samsung、2015年発売の次世代iPhone向けプロセッサの製造でAppleと契約か?!

DigiTimesが、Appleのサプライチェーンの情報筋によると、Samsungは2015年に発売される次世代iPhone向け”A”シリーズプロセッサを14/16nmのFinFETロセスを採用して製造する事でAppleと契約を結んだようだと報じています。


2014年のiPhoneシリーズ向け”A”シリーズプロセッサには20nmプロセスが採用され、TSMCが主要な製造元になるとみられており、Samsungが一部を受注する可能性もあるとのこと。

また、2015年のiPhoneシリーズ向け”A”シリーズプロセッサは、TSMCが60〜70%を供給し、Samsungが残りの30〜40%を供給すると言われているようです。

なお、似たような情報は過去にも出ています。
(関連エントリ参照)


関連エントリ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」の予約はこちら⇩

screativeref-1100l7121 2623622 2645522 bnr_au_200_200