Apple、2014年からの「Aシリーズ」プロセッサ製造で台湾TSMCと契約

先日、台湾のTSMCが「Aシリーズ」プロセッサの供給でAppleと3年契約を結んだようだとの情報がありましたが、本日、WSJもTSMCの幹部の話として、Appleは「Aシリーズ」プロセッサの製造についてTSMCと契約を締結したようだと報じています。

TSMCは2014年に製造される「Aシリーズ」プロセッサのうちの一部を製造するようで、依然としてSamsungが「A」シリーズプロセッサの主要なサプライヤーのままになるようです。

また、AppleとTSMCの協議は2010年から開始されていたようですが、Appleが必要とする性能のシリコンを製造する能力が無かった事から契約に至らなかったようで、現在は技術的な問題をクリアした事から今回の契約に至った模様。

【関連エントリ】
 ・Appleの「A8」プロセッサは台湾TSMCが独占供給し、「A9」プロセッサはIntelなども参入か?!
 ・台湾TSMC、Appleの次期「Aシリーズ」チップを供給へ

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。