Apple、「A9」チップ製造でSamsungと契約か?!

The Korea Economic Dailyが、業界筋によると、Samsungは2015年からAppleへのモバイルアプリケーションプロセッサ(以下、AP)の供給を再開するようだと報じています。


Samsungは2007年以降、AppleへAPの供給を請け負ってきたものの、昨年に「A8」チップの注文を台湾のTSMCが獲得した事から契約を失い、今回、TSMCよりも先に14nmモデルを開発した事でAppleからの注文を再度獲得したようです。

なお、SamsungはAppleと既に契約を締結し、2015年後半に発表される「iPhone 7」向けの14nmプロセスの「A9」チップを供給する予定とのこと。

[via MacRumors

【関連エントリ】
 ・Apple、2014年からの「Aシリーズ」プロセッサ製造で台湾TSMCと契約
 ・Appleの「A8」プロセッサは台湾TSMCが独占供給し、「A9」プロセッサはIntelなども参入か?!
 ・台湾TSMC、Appleの次期「Aシリーズ」チップを供給へ

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事