Apple、ブラジルでの「iPhone」の商標権問題で地元メーカーと和解

先月、ブラジルの知財管理当局(INPI)が「iPhone」の商標を巡り、同国の家電メーカーであるGradient社に同商標の独占使用権を認める判断を示し、Appleは同国で「iPhone」の名前を使用することが出来なくなった事をお伝えしましたが、Forbesによると、現地時間の3月9日、ブラジル国内でAppleとIGB Electronica(Gradientの親会社)の両社が訴訟を終了させ、和解に達したようだと報じられているそうです。


なお、過去の例からして、AppleはIGB Electronicaに対し数百万ドルを支払うものとみられています。

【関連エントリ】
 ・Apple、ブラジルでの「iPhone」商標権裁定で上訴へ
 ・ブラジルの特許管理当局、「iPhone」の商標使用権をAppleではなくGradient社に与える事を正式に発表
 ・Apple、ブラジルで「iPhone」の命名権を失う
 ・ブラジルの家電メーカーが「iPhone」ブランドのAndroid搭載スマートフォンを発表

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」の予約はこちら⇩

screativeref-1100l7121 2623622 2645522 bnr_au_200_200