廉価版iPhoneは筐体にプラスチックを採用し、2013年後半に登場か?!

本日、DigiTimesが、サプライチェーンの情報筋の話として、廉価版iPhoneの筐体にはコスト削減の為にプラスチックを採用するかもしれないようだと報じています。


廉価版iPhoneの筐体の販売業者はアメリカの電子機器製造受託会社(EMS)ではないかと噂されているようで、他にもプラスチックと金属と混合させた筐体を採用するとの噂もあるとのこと。

また、現在は廉価版iPhoneの部品の検証が行われており、発売は2013年後半になるかもしれないと言われているようです。

【関連エントリ】
 ・Appleのフィル・シラー氏が廉価版iPhoneの開発を否定したと報じていた中国紙が記事内容を差し替え
 ・ロイター、Appleのフィル・シラー氏が「廉価版iPhone」の開発を否定したとの記事を削除
 ・Appleのフィル・シラー氏、「廉価版iPhone」の噂を否定
 ・廉価版の「iPhone」は「iPhone 5」より小型で価格は99〜149ドルに?!
 ・DigiTimesに続き、WSJも「廉価版iPhoneは開発中で、早ければ2013年後半発売」と報じる

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」の予約はこちら⇩

screativeref-1100l7121 2623622 2645522 bnr_au_200_200