DigiTimesに続き、WSJも「廉価版iPhoneは開発中で、早ければ2013年後半発売」と報じる

昨日、DigiTimesが、サプライチェーンの関係筋によると、Appleは2013年後半に中国や他の新興市場向けに廉価版の「iPhone」を発売するようだと報じていましたが、本日、Wall Street Journalも「Appleはより安価なiPhoneを開発しており、早ければ2013年後半に発売されるかもしれない」とツイートしています。


Appleはアルミより安いポリカーボネート製の筐体を使って機器のコストを下げることなどを検討しており、他のパーツは旧モデルと同じか再利用する可能性があるとのこと。

なお、DigiTimesの情報では、廉価版の「iPhone」はより大きなディスプレイを搭載し、外観は新しいデザインが採用されると言われています。

(via.9 to 5 Mac)

【関連エントリ】
 ・Apple、2013年後半に中国や他の新興市場向けに廉価版の「iPhone」を発売か?!

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事