Apple、プロ仕様のコントロールを備えたiPhone向けビデオカメラアプリ「Final Cut Camera」を配信開始

この記事にはアフィリエイト広告および広告が含まれています。
Apple、プロ仕様のコントロールを備えたiPhone向けビデオカメラアプリ「Final Cut Camera」を配信開始

本日、Appleが、iPhone向け動画カメラアプリ「Final Cut Camera」の配信を開始しました。

「Final Cut Camera」は、直感的に操作できるプロ仕様のコントロールを備え、監督の椅子に座っているような感覚でビデオ制作全体を進行でき、「Final Cut Camera」を実行しているデバイスを最大4台接続してライブマルチカムセッションをシームレスに開始し、iPad用Final Cut Proでビデオアングルをプレビュー、録画、同期も可能。

撮影では、シャッター速度、ISO、ホワイトバランス、マニュアルフォーカスを含む強力な設定を使用でき、解像度、フレームレート、色空間などを簡単にカスタマイズ可能で、フォーカスピーキングと露出オーバーインジケータを使用してビデオを素早く確認することも可能です。

「iOS 17.4」以降を搭載したiPhoneに対応し、一部機能には「iPhone 15 Pro」と「iPhone 15 Pro Max」が必要な他、フォーカスピーキングと露出オーバーインジケータには「A13 Bionic」チップ以降を搭載したiPhoneまたはiPadモデルが必要となっています。

価格は無料で、App Storeよりダウンロード可能です。

Final Cut Camera – App Store



googlenewsバナー
記事をシェア!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次