「iPhone 16 Pro」のディスプレイはやはり大型化か − ペリスコープ望遠レンズ搭載との予想も

この記事にはアフィリエイト広告および広告が含まれています。
「iPhone 16 Pro」のディスプレイはやはり大型化か − ペリスコープ望遠レンズ搭載との予想も

Appleが来年に発売するであろう「iPhone 16 Pro」シリーズはディスプレイサイズが6.3インチ(実際には6.2xインチ)と6.9インチ(同6.8xインチ)へと大きくなると言われていますが、Apple関連の情報では定評のあるアナリストのMing-Chi Kuo氏も、「iPhone 16 Pro」のディスプレイサイズは「iPhone 14 Pro/15 Pro」よりも若干大きくなると報告しています。

また、「iPhone 15」シリーズでは、「iPhone 15 Pro Max」にのみ搭載されると言われているペリスコープ望遠レンズは、「iPhone 16」シリーズから「iPhone 16 Pro」にも搭載されると予想しています。

これは「iPhone 16 Pro」のディスプレイサイズ大型化に伴い内部スペースに余裕が生まれる為で、この話が正しければ、ディスプレイサイズの大型化はベゼルを狭くすることで実現するのではなく、本体サイズも大きくなることが予想されます。

googlenewsバナー
記事をシェア!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次