Apple、「MacBook Pro」に続いて全てのMacにタッチスクリーンを搭載か

先日、BloombergのMark Gurman氏が、プロジェクトに詳しい関係者の話として、Appleは2025年にタッチスクリーンを搭載した「MacBook Pro」を発売する可能性があると報告していましたが、本日、新たな記事を公開し、「MacBook Pro」だけでなく他のMacにもタッチ機能を追加する可能性があると報告しています。

Appleは2025年に向けてタッチスクリーンを搭載した「MacBook Pro」の開発に着手しており、計画通りに進めば、タッチスクリーン搭載「MacBook Pro」の発売後に他のMacにもタッチスクリーンが搭載されるだろうとのこと。

Appleは過去にタッチスクリーンを搭載したWindows PCを嘲笑し、Macにタッチスクリーンを搭載することを否定していましたが、現在のAppleの目標は全てのDeviceのソフトウェアとサービスを統一することと、自社製チップへの移行を成功させ、PC市場でより大きなシェアを獲得することで、これらの目標を達成する場合、Macにタッチスクリーンを搭載することが最も合理的で、新規ユーザーの獲得や複数のApple製品を所有する顧客により良い体験を提供することにも繋がるとみられています。

Apple、2025年にタッチスクリーン搭載「MacBook Pro」を発売か − 有機ELディスプレイの採用も計画中

5 COMMENTS

匿名

ノートのディスプレイが水平にできるならありかも?
でも、価格が跳ね上がるだろうからもう買えないわ。

返信する
匿名

iPadとMacbookを並べて使ってると、Macbookのスクリーンを間違えて触ってしまうのでこの機能は欲しい。

返信する
匿名

タッチ操作に対応させるには、アイコンの大きさやメニューも大幅に変更が必要になる。

返信する
匿名

ハードウェアの変更は簡単だろうけど、OSレベルで手を入れないとならないねえ。長年iPadOSに寄せてきたのはそのためなのかな。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です