Apple、2025年にタッチスクリーン搭載「MacBook Pro」を発売か − 有機ELディスプレイの採用も計画中

BloombergのMark Gurman氏が、プロジェクトに詳しい関係者の話として、Appleは2025年にタッチスクリーンを搭載した「MacBook Pro」を発売する可能性があると報告しています。

AppleのエンジニアはMacにタッチスクリーンを搭載することに積極的に取り組んでおり、初のタッチスクリーン搭載Macを製造することを真剣に検討しているようです。

現在の社内での検討状況を見る限りでは、Appleは2025年に「MacBook Pro」の大型アップデートの一部として、タッチスクリーンを搭載する可能性があるとのこと。

また、「MacBook Pro」の改良の一環として、Appleはディスプレイを有機ELディスプレイに移行することも計画しており、2024年にはまず「iPad Pro」で有機ELディスプレイが採用される予定と述べています。

なお、タッチスクリーン搭載「MacBook Pro」については、まだ発売は確定しておらず、計画が変更される可能性はあります。

1 COMMENT

匿名

タッチスクリーンにするには、今の重量バランスだと押さえるとキーボード側が浮いて操作しづらいため、液晶を本体裏まで回転させるような大改造が要るだろうな。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です