Apple、将来的に自社製のマイクロLEDディスプレイをiPhone/iPad/Macにも採用か

先日、BloombergのMark Gurman氏が、Appleは早ければ2024年末までに「Apple Watch Ultra」のディスプレイに自社製のマイクロLEDディスプレイを搭載することを計画しているようだと報告していましたが、同氏が自身のニュースレター「Power On」の最新版において、Appleは「Apple Watch Ultra」にマイクロLEDディスプレイを採用した後、iPhone、iPad、Macにも自社製のマイクロLEDディスプレイを採用する可能性が高いと報告しています。

Appleは2017年頃にコードネーム「T159」と呼ばれるマイクロLEDプロジェクトを立ち上げ、約6年かけてマイクロLED技術を開発してきたようで、このディスプレイは、明るさ、色再現、視野角に優れ、ディスプレイのガラスの上に描かれたように見えるようにすることを目的としており、Samsung DisplayやLG Displayから供給を受けている部品を自社製に置き換える計画。

2024年に「Apple Watch Ultra」でまず採用した後、iPhoneに採用され、その後、iPadやMacにも採用が拡大する可能性があると予想されており、Appleの長期的な計画では、主要な製品の全てにマイクロLEDディスプレイを搭載することであると考えられていますが、技術的な面を考慮すると、Macに搭載されるのは10年後になるかもしれないそうです。

ただ、ディスプレイ業界の内情に詳しいDSCC(Display Supply Chain Consultants)のアナリストであるRoss Young氏は、マイクロLEDディスプレイを搭載した「Apple Watch Ultra」が登場するのは2025年だと予想しており、少し情報が異なっています。

[via MacRumors

マイクロLEDディスプレイを搭載した「Apple Watch Ultra」の登場は2025年か
Apple、「Apple Watch」や「iPhone」のディスプレイも自社製に置き換えか − 早ければ2024年から
2024年発売の次期「Apple Watch Ultra」はマイクロLEDディスプレイを採用し、ディスプレイサイズも大型化との噂

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です