Apple、「iPhone SE 4」の発売計画中止をサプライヤーにも通知か

先月、Apple関連の情報では定評のあるアナリストのMing-Chi Kuo氏が、Appleは2024年の「iPhone SE 4」の量産計画を中止または延期する可能性が高いと報告していましたが、MacRumorsによると、同氏が「iPhone SE 4」に関する新たな情報を報告していることが分かりました。

同氏によると、Appleはサプライヤーに対し、2024年に「iPhone SE 4」を発売する計画を中止したことを通知したとのこと。

また、以前より開発が噂されているAppleの自社製の5Gモデムチップを「iPhone SE 4」で初めて採用し、その後、「iPhone 16」シリーズにも採用するかどうかを決定する予定だったようですが、「iPhone SE 4」の計画がキャンセルされた為、「iPhone 16」シリーズも引き続きQualcomm製のモデムチップを採用する可能性が高いとみられています。

Apple、「iPhone SE 4」の発売を中止または延期か

5 COMMENTS

匿名

見方を変えると5Gチップ開発が頓挫した影響なのかな
実際問題Qualcommの特許を掻い潜って独自開発なんて無理ゲーだもんなあ

返信する
匿名

すでにiPhone SE第3世代で5Gには対応しているしなぁ。
iPhone SE第4世代は、USB-C対応だけでいいと思う。

返信する
匿名

すでにiPhone SE第3世代で5Gには対応しているしなぁ。
iPhone SE第4世代は、USB-C対応だけでいいと思う。
最後のホームボタン、最後のTouch ID。それなりに需要はあるでしょうね。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です