Apple、「iPhone SE 4」の発売を中止または延期か

Apple関連の情報では定評のあるアナリストのMing-Chi Kuo氏が、最新の調査結果によると、Appleは2024年の「iPhone SE 4」の量産計画を中止または延期する可能性が高いと報告しています。

その要因として、ミドルからローエンドの「iPhone」である「iPhone SE 3」「iPhone 13 mini」「iPhone 14 Plus」などの出荷台数が常に予想を下回っている為とみられています。

また、「iPhone SE 4」のフルディスプレイデザインがコストの増加や販売価格の上昇に繋がることを懸念しているようです。

これにより、無駄な新製品開発費を削減し、2023年の世界的な不況を乗り越えることが出来るだろうと予測しています。

「iPhone SE 4」のディスプレイはまだ未確定 − 5.7〜6.1インチの有機ELまたは液晶ディスプレイを検討中との情報

1 COMMENT

匿名

miniが爆死したし再びフルディスプレイでチャレンジする気はないと思うけどね
次出すなら10万円超え確実だしねえ

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です