14.1インチの新型iPadは”Pro”モデルではない可能性が浮上

先日、AppleがM2チップを搭載した14.1インチの新型iPadを開発中とのをお伝えしましたが、ディスプレイ業界の内情に詳しいDSCC(Display Supply Chain Consultants)のアナリストであるRoss Young氏によると、この14.1インチの新型iPadは「iPad Pro」ではなく、通常の「iPad」になる可能性があることが分かりました。

これは同氏がTwitterのスーパーフォローに対して明らかにしたもので、パネルサプライヤーなどを調査した結果、14.1インチの新型iPadのディスプレイはミニLEDではなく通常のLEDバックライトを採用しており、ProMotionも非搭載となるようです。

また、発売時期は2023年第1四半期になる模様。

次期「iPad Pro」シリーズは今秋に投入されると噂されており、上記の情報が正しければ来年3月頃に通常のiPadの大型モデルとして投入されることになりそうです。

[via 9To5Mac

Apple、やはり「iPad Pro 14.1インチ」を開発中か − 著名アナリストも開発中であることを確認したと報告 Apple、M2チップを搭載した14.1インチの新型iPadを開発中か

1 COMMENT

匿名

この位のサイズだとプロユース以外売れないのでは?
と思ったけど業務用なら需要があるのかな

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。