Apple、M2チップを搭載した14.1インチの新型iPadを開発中か

リーカーのMajin Bu氏が、AppleはM2チップを搭載した14.1インチの新型iPadを開発中との情報を得たと報告しています。

その新型iPadは、14.1インチのディスプレイに加え、M2チップ、16GBのRAM、512GBのストレージを搭載しているそうです。

M2チップを搭載したモデルとしては、大きな変更のない新型「iPad Pro 11インチ」とディスプレイ周りのベゼルが狭くなった新型「iPad Pro 12.9インチ」に加え、上述した14.1インチモデルが追加されると予想されています。

なお、これら新モデルは10〜11月のイベントで、新型Airport(AirMac)と共に発表されるだろうと報告しています。

ただ、同氏のこれまでのリーク情報は不正確なものも多く、話半分で捉えておいた方が良さそうです。

2 COMMENTS

匿名

14.1インチって…もうiPadである意味がなくならないか?
大きさ的にも価格的にも、イラストレーター向けタブレットで十分ってことになりそう。

返信する
匿名

…これがあれば「イラストレーター向けタブレットがいらない」とは考えない…?

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。