「iPhone 14」シリーズ用とされるケースやスクリーンプロテクターの写真

リーカーのMajin Bu氏が、「iPhone 14」シリーズ向けのサードパーティ製ケースとスクリーンプロテクターなどの写真を公開しています。

「iPhone 14」シリーズは6.1インチの「iPhone 14」と「iPhone 14 Pro」、6.7インチの「iPhone 14 Max」と「iPhone 14 Pro Max」の4モデル構成になると言われていますが、公開された写真のケースもその事を示すラインナップとなっています。

次に、スクリーンプロテクターに関しては、「iPhone 14 Pro/14 Pro Max」用は噂されている2つ穴のパンチホールディスプレイ用の穴が開いており、「iPhone 14/14 Max」は「iPhone 13」シリーズと同じくノッチが採用されることが確認出来ます。

また、このスクリーンプロテクターには、各モデル用ともパンチホール部分およびノッチ部分を覆わないバージョン(写真の精孔および大槽)と覆うバージョン(写真の小槽)が用意されています。

さらに、実際に「iPhone 14 Pro」のケースを「iPhone 13 Pro」に装着した様子の写真も公開されており、このケースが本当に「iPhone 14 Pro」の図面から設計されている場合、「iPhone 14 Pro」ではリアカメラ部分の面積がより大きくなる他、着信/サイレントスイッチが少し上に移動する可能性があります。

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。