「MacBook Air 15インチ」のディスプレイサイズは15.2インチに − 13インチモデルの情報を的中させた著名アナリストが改めて報告

1つ前の記事でAppleが15インチの新型「MacBook Air」を開発中で、早ければ来春に発売されるかもしれないとお伝えしましたが、ディスプレイ業界の内情に詳しいDSCC(Display Supply Chain Consultants)のアナリストであるRoss Young氏が、その15インチの新型「MacBook Air」のディスプレイサイズは15.2インチになることを改めて報告しています。

同氏は今年3月の時点で、2022年に発売される次期「MacBook Air 13インチ」のディスプレイサイズは13.3インチから13.6インチに拡大され、2023年に発売されると噂されている15インチモデルのディスプレイサイズは15.2インチになると報告しており、先日発表された新型「MacBook Air 13インチ」のディスプレイサイズを見事に的中させています。

15インチモデルのディスプレイサイズに関しては、改めて15.2インチになることを明らかにした他、ミニLEDディスプレイやProMotionディスプレイは採用されないことも改めて明らかにしています。

新型13インチモデルのディスプレイサイズを的中させただけに、15インチモデルが開発中との情報も信憑性がありそうです。

Apple、15インチの「MacBook Air」や12インチの新型「MacBook」を開発中か 「MacBook Air」、将来的に13.6インチと15.2インチの2モデル構成に??

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。