Apple、15インチの「MacBook Air」や12インチの新型「MacBook」を開発中か

Bloombergが、精通した関係者の話として、Appleは15インチの新型「MacBook Air」と12インチの新型「MacBook」を開発しているようだと報じています。

15インチの新型「MacBook Air」は早ければ来春の発売を目指しており、先日に発表した13.6インチの新型「MacBook Air」のワイド版で、同社は以前より15インチモデルを計画していたものの、その計画を棚上げし、13.6インチモデルに集中したそうです。

12インチの新型「MacBook」は、2023年末か2024年初頭に発売することを検討しているようですが、このモデルがローエンドモデルになるのか、「MacBook Pro」シリーズの一部であるハイエンドモデルになるのかは不明とのこと。

さらに、M2 ProおよびM2 Maxを搭載した新型「MacBook Pro 14/16インチ」(コードネームJ414とJ416)を早ければ2022年末に投入することを計画しているものの、発売時期は2023年初頭にずれ込む可能性があるそうです。

新型「MacBook Pro 14/16インチ」に搭載されるM2 Maxチップは、12コアCPUと最大38コアのGPUを搭載する予定ですが、新型「MacBook Pro 14/16インチ」はより高速なチップを搭載する以外は大きな変更はないようです。

また、新型「Mac mini」と新型「Mac Pro」も社内でテストされている他、次期「iMac」向けにM3チップの開発にも取り組んでいるとのこと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。