「MacBook Air」、将来的に13.6インチと15.2インチの2モデル構成に??

(次期MacBook Airのコンセプト画像)

ここ数日でAppleが「MacBook Air」に新たに15インチモデルを追加するとの噂が出て来ていますが、そのことを最初に報告したディスプレイ業界の内情に詳しいDSCC(Display Supply Chain Consultants)のアナリストであるRoss Young氏が、新型「MacBook Air」に関する新たな情報を報告しています。

同氏曰く、2022年に発売される次期「MacBook Air 13インチ」のディスプレイサイズは13.3インチから13.6インチに拡大され、2023年に発売されると噂されている15インチモデルのディスプレイサイズは15.2インチになるとのこと。

また、これら新型「MacBook Air」にはミニLEDディスプレイやProMotionディスプレイは採用されないことも明らかにしています。

なお、Apple関連の情報では定評のあるアナリストのMing-Chi Kuo氏によると、15インチモデルは2023年第4四半期に量産が開始される予定で、製品名は「MacBook Air」にならない可能性があると言われています。

「MacBook Air 15インチ」は来年末に量産開始か − 製品名は「MacBook Air」にならない可能性も Apple、2023年に「MacBook Air」に15インチモデルを追加か

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。