「MagSafeバッテリーパック」、最新のファームウェアアップデートで7.5Wでの充電に対応

昨日、Appleが「MagSafeバッテリーパック」向けにファームウェアアップデート「2.7.b.0」をリリースしましたが、9To5Macによると、このファームウェアアップデートにより、ワイヤレス充電の出力が5Wから7.5Wに向上することが分かりました。

これはAppleがサポートドキュメントを更新して明らかになったもので、最新のファームウェアにアップデートすることで外出先でも7.5Wでワイヤレス充電可能と案内されています。

なお、ファームウェアのアップデートは、iPhoneに「MagSafeバッテリーパック」をくっつけると自動的に始まると案内されていますが、ファームウェアのアップデートは1週間ほどかかるそうです。

もし、早くアップデートしたい場合は、MacもしくはiPadと「MagSafeバッテリーパック」を有線で接続することで5分ほどでアップデート可能となっています。

Apple、「MagSafeバッテリーパック」向けに最新のファームウェアアップデート「2.7.b.0」をリリース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。